クレンジングのタイプを比較して

クレンジングのタイプを比較して

subpage01

メイクを落とす際に利用するクレンジングですが、クレンジングといってもその種類はさまざまであり、使い勝手や特徴といったものが異なるため、しっかり比較して自分の肌質や用途、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

暮らしを豊かにしてくれるクレンジングの比較情報を利用してみませんか?

そこでおもなクレンジングを比較してみると、まずは手軽に使用できるタイプとして、ポイントメイク用や拭き取りタイプなどがあり、ポイントメイク用はポイントメイク専用なため、落ちにくい部分を効率的に落とすことが可能であり、洗浄力が他のものよりも高く、拭き取りタイプは時間がない時などにさっと拭き取るだけでメイクを落とせる優れものですが、拭き取るので肌に摩擦を与えて刺激になるため、あくまで緊急時用のものとして毎日使用することは控えた方が無難です。



そしてデリケート肌に最適な優しいタイプのものがクリームタイプやミルクタイプで、洗浄力もさほど高いわけではないので肌に優しく、乾燥肌や敏感肌の人に最適ですし、ナチュラルメイクにもお勧めです。

ただし普通のメイクや濃いメイクだと、クリームタイプやミルクタイプではしっかり落とすことが難しいため、こういった時にはジェルタイプやリキッドタイプ、オイルタイプを使用するようにしましょう。
とくに濃いメイクにはオイルタイプがお勧めで、普通のメイクならば使い勝手の良いジェルタイプが人気であり、オイルタイプとジェルタイプの中間的なものがリキッドタイプになります。
またジェルタイプにもオイルフリー水性タイプとオイルイン水性タイプ、油性ジェルの三種類があり、これらを比較するとオイルフリー水性タイプが一番肌に優しく、油性ジェルはメイク落ちが良いといった特徴があり、その中間でバランスが良いのがオイルイン水性タイプです。



クレンジングの基本知識

subpage02

クレンジングにはオイル・リキッド・ジェル・クリーム・ミルク等があります。比較するポイントとして、メイク落ちの良さが重要であり、もっともよく落ちるのはオイルクレンジングです。...

NEXT

クレンジングの専門知識

subpage03

メイクを落とすクレンジングには様々な種類があります。代表的なのがオイルタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプです。...

NEXT

クレンジングの重要知識

subpage04

日頃のメイクがどの程度の濃さなのかを考えながらクレンジングを選ぶことが大前提ですので、比較する際にはメイク落ちの良さを考えて選びます。しっかりメイクの人がクリームやミルクのようにメイク落ちが悪いタイプを選ぶと肌にメイクの成分が残ってしまって毛穴が詰まってしまうことがあります。...

NEXT

クレンジングのためになる情報

subpage04

肌の乾燥や老化など、くすみの原因は色々とあります。古い角質やしっかり落とせていなかった汚れが溜まることも、くすみの原因の一つになります。...

NEXT