クレンジングを比較する際に見ておきたいポイント - クレンジングのタイプを比較して

クレンジングを比較する際に見ておきたいポイント

subpage01

日頃のメイクがどの程度の濃さなのかを考えながらクレンジングを選ぶことが大前提ですので、比較する際にはメイク落ちの良さを考えて選びます。
しっかりメイクの人がクリームやミルクのようにメイク落ちが悪いタイプを選ぶと肌にメイクの成分が残ってしまって毛穴が詰まってしまうことがあります。

クレンジングの種類の中でもオイルはきちんと落とせますので、メイクが濃い人はオイルを選ぶべきです。

肌質に合わせて選ぶことも重要です。

乾燥肌の人の場合、比較するとミルクやクリーム、石鹸が肌の油分を奪いませんので乾燥肌を悪化させることがありません。

ホホバオイルやオリーブオイルも肌が乾くのを防げますので、これらの中からメイクの濃さに合ったものを選ぶことが大切です。

クレンジングの比較に関してわかりやすく説明しております。

特にクリームやミルクは肌への優しさで定評がありますが、ポイントメイクをしている人は落としきれない可能性が高いのでポイントメイクリムーバーを上手く活用するようにします。

オイリー肌の人は、水分補給がとても重要です。



水分が不足すると余計に皮脂の分泌が増えてしまって肌がベタつきますので、水分をしっかりと補うことが大切です。


ただし、しっとりタイプのテクスチャの場合にはオイリー肌を悪化させますので、サッパリとした使い心地のものを選ぶようにします。

比較するとジェルやリキッドよりもミルクやクリームの方がサッパリしていますので、肌質を考慮するとピッタリのクレンジングだといえます。